鍵をなくすトラブル!

誰もが経験したことがあるのではないかという、鍵をなくすトラブル!
私は東京都の某所に在住していますが先日、「家の鍵」をどこかでなくしてしまう事件(・・・?)に見舞われてしまい、寒空の中家の中に入る事が出来なかったのです。。確かに今朝、鍵を閉めて家から出た記憶はあるのですが、持っているはずの鍵は鞄の底からも記憶からも出てこずもうお手上げ状態です。小学生の頃であれば鍵を家に忘れて出てしまう事があっても、時間が経てば親が帰宅して鍵を開けてくれますが、大人になって一人暮らしをしている今、鍵を持って現れる人もいません。そんな鍵をなくして困った時の体験をもとに、あの時役立ったこと・知っておけばよかったことを記していきます。

鍵の記憶を何でもいいから思い出そう。
まずは鍵を見つける方法です。運が良ければ家の周りに落ちている、買い物に寄ったスーパーで落し物として届けられている、乗った電車・駅員があずかってくれていることもあります。落とし物として届けられていればすぐにでも取りに行けますので、一度連絡してみると良いと思います。私の場合は勤め先の会社まで電車通勤をしていますが、鍵は必ず鞄のチャック付きポケットにいれており、鍵以外の出し入れは行わない習慣がありました。
次に勤め先に鍵を忘れてきてしまっている場合があります。すぐに取りに行ける距離なら良いのですがあいにく距離があるので、まだ残っている社員の方に連絡しロッカーを確認してもらいましたが見つからず・・。こういった風に心当たりのある所、もしかしてと思う場所はすぐに確認してみましょう。財布の中から見つかった、マンションの郵便受けコーナーに落としていた、なんて身近な所である時もあります。
私は結局鍵を交換することになったのですが、今は鍵を落としてしまう可能性もあるので音の鳴るキーホルダー(鈴とか)や、大き目のストラップを取り付けて落としたときにすぐわかるようにする対策をしています。

コメントを残す